【女性必見!!】ついつい鏡を見たくなる身体を作るには~Part1~

隠す身体から

  見せる身体

お気に入りの自分は作れます!

こんにちは霧島市の整体、リスタートです。

5月に入り、鹿児島では徐々に夏の匂いがしてきましたね。

半袖やタンクトップなど肌の露出が増える時期ですが、それと同時に紫外線刺激も増加してきます!

ご存じの通り紫外線刺激は骨には良い影響がでますが、肌にはあまり良い影響を与えません…

シミなどのメラニン対策に必要なのは、肌の再生機能(ターンオーバーなど)です!

日焼け止めや化粧水、乳液など肌表面へのアプローチはもちろん必要ですが、

『肌の細胞は表面じゃない…深部でつくってるんだ!』

っということで、今回は女性が気になる肌のトラブルを解説していきます。

〇肌の作りは血液循環が重要!?

表皮の細胞を作る工場は「基底層」にあり!

基底層では、毛細血管から栄養素と酸素が供給され、基底層にある「基底細胞」が必要に応じて細胞分裂します。そうして新しい表皮細胞が作られることでターンオーバーのスタート地点となります。

さらに基底層は真皮を守るというとても重要な働きも担っています。表皮はターンオーバーで元に戻りますが、真皮はダメージを受けると完全に元に戻らない組織なので基底層は基底膜などと協力しては真皮を強固に守ってくれています。

加齢などが原因で基底膜が衰えると、メラニンがその下の真皮まで落ちてしまい頑固なシミになってしまうこともあります。また、過度なダイエットなどでタンパク質などの栄養源が不足したり、血行不良を起こしたりしている場合は、基底層の細胞にうまく栄養と酸素が行き渡らず、ターンオーバーが妨げられるのでこれもシミなどの原因になってきます。

素肌美人になれる正しいスキンケア事典

上記のように肌のターンオーバーは、シミ予防だけでなく侵害刺激に対する肌の防御力にも重要な役割があります。そのターンオーバーを起こすための栄養や酸素を運ぶのに必要なのは血液循環です!

この血液循環は化粧水などの外部からのアプローチよりも、筋肉や皮膚に直接アプローチするマッサージや温熱療法などが必要になってきます!

しかし、マッサージなどで肌に摩擦などの刺激が入るのもメラニンの過剰分泌の原因になってしまいます…

じゃあどうすれば…

なるべく刺激を与えない方法で皮膚に対してアプローチすればいいのです!

リスタートでは、最新のラジオ波施術機器を使用して、温熱による血管拡張手の施術を組み合わせて、コラーゲンエラスチンを作り出す基盤である繊維芽細胞毛細血管に対してアプローチを行うフェイシャルトリートメントを提供しています。

また、フェイシャルトリートメントでは、皮膚、筋膜、筋肉などを細かく検査し、その方の状態に合わせた機器を使い分けてアプローチを行っていきます。

お客様より1回の施術でも肌の弾力トーンなどの変化が実感できるとの声を多く頂いています!

これによって皮膚自体のレベルを上げ、ターンオーバーを促進し肌の防御力を向上させ、紫外線刺激乾燥などの刺激からお肌を守ることができます!

その他にも…

腸内環境の不具合からくる皮膚などのトラブル (髪、爪の乾燥、湿疹、ニキビ、目の下のくま、肌荒れ、顔色が悪い、ロザケア(顔の赤み)、乾癬など。) に効果の高く、インターネットなどではなく、

店頭販売でしか買うことが出来ない

乳酸菌サプリメント

もお試し・お買い求め頂けます。

肌トラブルでお困りの方…、そのトラブルの原因は腸内環境にあるかもしれませんよ!

引用:腸のトリセツP17

詳しくはLINEでご相談頂くか、店頭にてご相談頂ければより詳しく説明させて頂きます。

『フェイシャルトリートメントについて』はこちら🔽

参考・引用文献: 素肌美人になれる正しいスキンケア事典(p22~p31) 、腸のトリセツ Gakken

次回は身体作りについて掲載しますのでお楽しみに!

〇このブログが勉強になった役に立ったと思われた方は、ぜひコメントやお友達へのシェアをよろしくお願いします(^^)/ 

また、こんなこと知りたいなどの意見があればOfficial LINEにてご意見くだされば、ブログでわかりやすく解説しますので、ぜひご意見ください!

Re.Startでは、身体のご相談などをLINEから無料で相談可能ですので、

  • 身体の調子が悪い
  • どこにいっても結果がでない
  • 自分の身体を変えたい など

とお考えの方は、ぜひご相談ください(*^^*)

LINEの友達追加で先行予約情報ブログ更新情報などの特典情報が無料で見れるようになります(^^)

🔽《登録はこちら》🔽

友だち追加

【女性必見!!】ついつい鏡を見たくなる身体を作るには~Part1~」への1件のフィードバック

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。