【3分で読める健康講座】プレバイオティクスとプロバイオティクス!

panoramic photography of green field
Photo by Ákos Szabó on Pexels.com

こんにちは霧島市の整体、リスタートです。

健康な身体を作るための腸活をする上で必要な知識『プレバイオティクス』『プロバイオティクス』。今回はこの2つをご紹介します!

その前に…

【知っとくPoint】

腸内細菌には善玉菌・悪玉菌・日和見菌があり、《善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7》の割合が良いと言われています!日和見菌は善玉菌・悪玉菌のどちらか多い方の味方をするどっちつかずの菌なのです。そのため、なるべく悪玉菌が優位にならないようにしていかなければなりません(T-T)

〇プレバイオティクス

プレバイオティクスは、腸内細菌のエサとなる水溶性食物繊維(納豆、里芋、ひじきなど)を摂取することで、腸内細菌を元気にして善玉菌を増やそうとするものです!

abundance agriculture bananas batch
Photo by Pixabay on Pexels.com

水溶性食物繊維・不溶性食物繊維については⇓こちら⇓

〇プロバイオティクス

プロバイオティクスは、錠剤などで直接善玉菌を摂取するというものです!抗生物質などで腸内細菌を減らしてから行う事が多いようです。

photo medication pills on white plastic container
Photo by Anna Shvets on Pexels.com

【まとめ】

『プレバイオティクス』『プロバイオティクス』は腸内細菌を増やすという目的は一緒ですが、増やし方に違いがありましたね(^^)

腸内には免疫細胞の70%があると言われています。つまり腸内環境が悪化すると免疫力も低下し、腸内環境が改善すると免疫力もアップするということです!

健康な身体には腸内細菌のバランスがとても重要ですね!

腸内環境の改善を行うと、美肌効果アレルギー症状の緩和、太りにくくなるなどの良いことが多いです。健康な腸を作るために1度プレバイオティクスやプロバイオティクスなどを試されてみてはいかがでしょうか?

腸活に興味のある方は、Re.Startにぜひご相談ください!

参考・引用文献:腸のトリセツ Gakken

〇このブログが勉強になった役に立ったと思われた方は、ぜひコメントやお友達へのシェアをよろしくお願いします(^^)/ 

また、こんなこと知りたいなどの意見があればOfficial LINEにてご意見くだされば、ブログでわかりやすく解説しますので、ぜひご意見くださいね!

Re.Startでは、身体のご相談などをLINEから無料で相談可能ですので、

  • 身体の調子が悪い
  • どこにいっても結果がでない
  • 自分の身体を変えたい など

とお考えの方は、ぜひご相談くださいね(*^^*)

【3分で読める健康講座】プレバイオティクスとプロバイオティクス!」に2件のコメントがあります

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。