【危険!】あなたの自律神経は大丈夫!?

person holding string lights photo
person holding string lights photo
Photo by David Cassolato on Pexels.com

突然ですが、自律神経のセルフチェックをしてみてください(^^)/

  • すぐ疲れる
  • やる気がでない
  • 風邪をひく回数が多い
  • むくみが気になる
  • 頭痛がある
  • いつも不安
  • 気が散漫になりやすい
  • 理由もなくイライラしやすい
  • 手足が冷たい
  • 肩が凝っている
  • 緊張しやすく、ストレスを受けやすい
  • 腰痛がある
  • いくら寝ても疲れがとれない
  • 思考力、決断力が低下した気がする
  • お腹の調子が悪く、便秘か下痢の症状がある
  • 肌は乾燥気味、髪はパサパサしている

さぁ、皆さんいくつ当てはまりましたか?

数が多ければ多いほど、自律神経が乱れている可能性があります( ノД`)今回はそんな自律神経のお話をしていきます!

自律神経は2種類ある!?

日頃あまり意識しない自律神経…

そりゃそうですよね( ̄∇ ̄)ノ

勝手にいろいろしてくれる神経なんですから!

でも、それは若いときの話です…

自律神経には、2種類あって

交感神経→起きてるときに働く神経

副交感神経→リラックスするときに働く神経

があります。交感神経は年齢を重ねてもさほど低下しませんが、副交感神経は急激に低下する年代がなんと…

  • 男性→30代以降
  • 女性→40代以降

っとなっています( ノД`)

だから、年齢を重ねるごとに睡眠時間が短くなったり、早起きしすぎてしまったりするのではないでしょうか!?

また、若いときに回復力が高いのは、副交感神経が働いてくれていたおかげなので、衰えてしまうとなかなか回復してくれません…

じゃあ、自律神経を整えるには!?

自律神経を整えるには、前回掲載したような入浴法や、リラクゼーション、マインドフルネスなどの瞑想法食生活改善運動習慣カウンセリングなどの短期・長期療法やストレスケア呼吸法など様々あります。

全部やるのは難しくても、この中の1つをやってみるのは良いことかもしれません!しかし、自分のどの部分が悪くて自律神経を乱しているのかわからないことが多いので、専門家に話を聞いてアドバイスをもらってから実施する方が近道になると思います!

〇このブログが勉強になった役に立ったと思われた方は、ぜひコメントやお友達へのシェアをよろしくお願いします(^^)/ 

また、こんなこと知りたいなどの意見があればOfficial LINEにてご意見くだされば、ブログでわかりやすく解説しますので、ぜひご意見くださいね!

Re.Startでは、身体のご相談などをLINEから無料で相談可能ですので、

  • 身体の調子が悪い
  • どこにいっても結果がでない
  • 自分の身体を変えたい など

とお考えの方は、ぜひご相談くださいね(*^^*)

《参考文献》図解 眠れなくなるほど面白い 自律神経の話

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。