【ストレス撃退】自律神経が整う入浴法

woman in a bath tub
Photo by Taryn Elliott on Pexels.com

冬になると熱いお風呂であったまりたいですよね!

実はそれって自律神経には良くないって知ってましたか?

42℃以上のお風呂は血液をドロドロにする!?

42℃以上のお風呂では交感神経が急激に高まり、血管が縮まってしまうことで、血管がドロドロになり、高血圧や脳卒中のリスクが…、また直腸が上がりすぎることで自律神経も乱れるといわれています!

理想的なお風呂の温度は39~40℃!?

身体の血流が1番良くなるのは39~40℃くらいと言われています。秋冬は温度を高くしたくなりますが、お湯の温度によって身体の温まり方に変化はあまりなく、身体の負担が増えるだけのようです。

理想的なお風呂の浸かり方は2段階!?

お風呂に浸かる時間って人それぞれですよね。でも理想的な時間があるみたいです。

理想的な入浴時間は、15分間くらい

しかも浸かり方にも方法が( ゚Д゚)

①最初の5分は首までつかる

②残りの10分はみぞおちまで浸かる

《注意点》15分以上の入浴は脱水症状を引き起こす場合があるので、気をつけてください

入浴後は、コップ1杯の水を飲むことで身体の老廃物を外に出してくれるそうです(^^)

いかがだったでしょうか。日常生活で欠かせない入浴。その習慣を少し変えるだけで身体を良くも悪くもできそうですね!

自律神経に良い入浴法、ぜひお試しくださいね(^^)d

身体のご相談などについては、LINEから無料で相談可能ですので、

  • 身体の調子が悪い
  • どこにいっても結果がでない
  • 自分の身体を変えたい など

とお考えの方は、ぜひご相談くださいね(*^^*)

《参考文献》図解 眠れなくなるほど面白い 自律神経の話

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。